ETFが市場の主役に

 本日の日経新聞朝刊によると、ETFの資産運用が5年で2倍強に増えたそうです。

 私が投資を始めたのは「お金は銀行に預けるな~金融リテラシーの基本と実践」を2007年12月に読んで、積立投資に出会い2008年1月から積み立てを始めました。

 当時はインデックス型投資信託が主流で信託報酬も1パーセント程だったと思います。それから12年。私が投資するETF「VOO」を例にとると購入手数料は0円(主なネット証券、2020年1月から)信託報酬は0.03%です。驚異の低コストです。

 ETFは非常に低コストで指数に投資できるので、個別銘柄決まらない時に代わりに投資してます。投資信託のように購入まで時間もかからず、個別銘柄と同じように売買できるのも魅力です。

 しかし日本のETF市場はご存じのとおり日銀が大半を購入してます。日銀マネーがなくなったら日本市場はどうなるのだろうか??そこが日本株に投資できない理由の一つでもあります。