会社員は消え労働法もなくなる

 日本経済新聞によると 「ギグワーカー」 が増えて会社員という雇用形態が減少していくそうです。「ギグワーク」とはオンライン上で単発の仕事を受ける働き方の事です。切符切りの人は自動改札に置き換えられて、高速道路で料金を徴収してた人もETCに置き換えられたように、今後は機械が進化すると定型的な単純労働は無くなっていく事が予想されます。

 今後は、機械を支配するスキルが大事になります。単純労働を効率化して機械を支配する。このように考えて仕事に取り組まないと、自分の仕事が機械にとって代わられます。たとえ会社に残れたとしても「やりがい」や「賃金」は満足できるものが得られないでしょう。

 テクノロジーが進化して企業が人間の代わりに機械を使うならば、本業に頼らない収入の確保も重要になってきます。よって、資産運用をして、お金に働いてもらう環境を作る事も大事だと改めて感じました。コツコツ投資を続けて資産運用をする人としない人では将来大きく差がでると思いました。

 又、記事には自学が大事とあります。応用が効く技術を身に着け、生涯勉強を続ける姿勢も大切だと感じました。せっかく身に着けたスキルも、技術革新がこんなにも早い時代ではすぐに時代遅れになってしまいます。そしてギグワーカーには教えてくれる同僚や会社もいません。だから「日々勉強」が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です