NISAにて長期投資ができるように

 昨今の与党税制改正大綱の報道によるとNISAも制度改正されるようです。しかし私が期待している投資期間の無期限化は無いようです。現在も保有期間は5年です。ロールオーバーすると保有期間は10年まで延長できますが、その年の買い付け枠が減少します。例えば2019年末に50万円ロールオーバーすると2020年の買い付け枠は70万円に減少します。

 積立NISAの制度もありますが銘柄が限られてます。そして国内投資信託のみで定期的に買い付けする事が義務付けられてます。海外ETFすら買えません。それならばすでに確定拠出年金で運用してるし。。ちなみに確定拠出年金は企業型と個人型が併用できるようになるそうです。今でもマッチング拠出すれば同じ事なのであまり大きなインパクトではありませんが。

 長期投資を国が進めるならば何故5年間なのか?無期限だと困ることがあるのかな。無期限にすれば預金に眠る個人資産も株式市場に流れ込んでくるきっかけになると思うのですが。個別株やETFでの長期資産運用を国は望んでないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です