米中貿易交渉第一段階合意

 報道によると長らく続いていた貿易交渉が第一段階合意したそうです。ただし中国側には厳しい内容で、中国がアメリカからの輸入を2000憶ドル以上増やす(2017年輸入実績の1.5倍)など、実現できるか不透明です。マーケットもその辺織り込んでるのか、本日の日経平均もほぼ前日比横ばいで終了しました。

 しかしながら中国側の輸入も少しは増えることが期待され、今晩のマーケットでMMMやCATなど中国銘柄がどう動くのか注目したいです。材料出尽くし等で売られると今年の株価見通しも暗くなるのかなと思います。

 トランプさんも大統領選挙までは大人しくして頂けると信じてますが、中国が合意内容を履行できない可能性も高いので、その時に関税強化など、関税合戦が再開する可能性もあります。油断せずにコツコツと投資していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です