2020年2月 アクセンチュア(ACN)研究

アクセンチュア(Accenture plc)は、北米、ヨーロッパ、成長市場などの業界及び地理的地域のクライアントにサービスを提供するプロフェッショナルサービスの会社である。【事業内容】管理及び技術コンサルティングサービスを提供する。4つのセグメントで構成される。通信、メディア、テクノロジーセグメントは、通信、エレクトロニクス、テクノロジー、メディア、エンターテイメント業界にサービスを提供する。金融サービスセグメントは、銀行、資本市場、保険業界にサービスを提供する。健康と公共サービスセグメントは、医療費の支払者と提供者、及び政府の部門と機関、公共サービス組織、教育機関、非営利組織にサービスを提供する。資源セグメントは、化学物質、エネルギー、林産物、金属及び鉱業、公益事業及び関連産業にサービスを提供する。また、デジタル広告サービスも提供する。

SBI証券より

コンサルティングを全世界に提供する会社アクセンチュアです。2月に新規保有しました。

決算数字はMacrotrendsより抜粋してます。

売上 利益情報

売上、利益ともに右肩上がりです。10年間で1.5倍以上の伸びを示しています。

キャッシュフロー

 営業CFも右肩上がりに増加しています。営業キャッシュフローマージンも増加傾向にありますが15%程度と低めになっております。競合のIBMも20%前後です。優秀なコンサルタントを多く雇う必要があるので低めになるのだと思います。

1株利益、配当

 EPSも安定していて、配当も緩やかに増加してます。配当性向も余裕があります。今後の増配も期待できます。

投資指標

予想PER 27.04  予想配当利回り 1.51% ROE 38.58

 株価も右肩上がりで、PERも27倍と高め、配当利回りも1.51と低めになっております。世界経済の成長が継続するならば、コンサル需要も継続するので今後も成長が期待ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です