トラリピとは

FXの「トラリピ」よく聞くけどどんなトレードなの?

資産運用型のFXだと聞くけど具体的にどうトレードするの?

「トラリピ」とはスキャルピング主体のギャンブル的FXでは無くて、

長期で資産を増やす事を目的とした資産運用型のFXです

裁量トレードとトラリピ

裁量トレードとは相場の動きを予測して取引するスタイルです。それに対してトラリピは相場の動きを予想せずに、細かいトレードをコツコツ積み上げるトレードです。

裁量トレード 120円で1万通貨買い 119円で1万円の負け 121円で1万円の勝ち

裁量トレードではこのように相場が当たれば勝てますが、読み誤ると負けます。

相場を点ではなくて面でとらえるトラリピ

為替相場は一定の範囲を上下して動く傾向があります。

上記は11月末からのユーロ円のチャートです。コロナショックもあり、株式市場は暴落しましたが、為替相場は比較的レンジ内で収まっております。このレンジ内の動きを、細かいトレードを繰り返し面で取りに行くのがトラリピです。

トラリピを使えば設定したレンジ内にて「IFD注文」を繰り返して自動発注してくれます。

IFD注文とは、「120円で買えたら120.5円で売る」というように、新規の指値を注文するときに同時に決済注文も指定する注文方法です。これを繰り返して自動的に注文してくれます。

具体的には「120円新規買 120.5決済売、 120.5円新規買 121決済売 、 121円新規買 121.5決済売、、、」と繰り返し注文が入ります。

マネースクエアでの注文方法

具体的な注文方法は記載の通りです。

マネースクエアのホームページよりトレード画面へを押しトレード画面を開きます。

トラリピの設定画面です。「トラップ値幅を指定」を押します。

レンジは現在のレートより上下2円に設定してます。注文金額1,000通貨で値幅を0.1円単位に設定してます。0.5円で決済しえ1回転の利益は500円です。

最終確認画面にて注文内容を確認して注文します。

この結果、120.8円から116.9円の間を推移すれば、その間10銭刻みでポジションを持ち、500円で利益を確定してくれます。利益確定後再度注文を自動で出してくれます。

感情にとらわれないトレード

上記のようにIFD注文を指定した範囲で、繰り返し設定することで、利益拡大のチャンスを増大させるのがトラリピの特徴です。一度指定すれば、仕事中でも夜中でも自動的にトレードを続けてくれるので、感情にとらわれないトレードが実行できます。

このように、多少のスプレッドコストは掛かりますが、トラリピにより相場から解放されて他の事に時間をかける事ができます。今後は「くるくるワイド」のトラップ部分に活用していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です