マクドナルド(MCD)銘柄分析

銘柄の特徴

外食で世界首位のハンバーガーチェーン。フランチャイズにて世界展開

2020年7月11日更新

 マクドナルド(MCD)企業概要

世界100カ国以上に38,000店以上の店舗を展開しています。ファーストフードの先駆けですが、健康志向が逆風になっていました。そこで2017年3月に長期的なグローバル成長計画を発表しました。デジタル機器とテクノロジーを活用して顧客満足度の向上、配送の強化等、新しい成長戦略を発表しました。また店舗のフランチャイズ化を進めており、その比率は93%まで進んでいます。

  • 業種分類:消費者サービス
  • 採用インデックス:ダウ30,S&P 100,S&P 500、ラッセル1000 ,S&P グローバル100
  • 従業員:205,000名
  • S&P 格付け:BBB+

売上高内訳

(百万USD)直営フランチャイズ合計
2019年9,42111,65621,077
2018年10,01311,01221,025
2017年12,71910,10122,820

年々、直営店舗の売上高が減少して、変わりにフランチャイズ店舗からの売り上げが増加しています。

エリア別内訳

(百万USD)アメリカ国内アメリカ国外
2019年37.2%62.8%
2018年36.5%63.5%
2017年35.1%64.9%

アメリカ国内の売上高が若干ですが増加傾向です。

決算状況

以下、データはモーニングスターからです。

売上 利益状況

売上高は店舗のフランチャイズ化を進めているので、減少傾向にあります。逆に営業利益率は上昇しており、40%を超えてきています。

キャッシュフロー

営業キャッシュフローは安定しており現金を稼ぎ出しています。フリーキャッシュフローも潤沢です。営業キャッシュフローマージンも上昇傾向にあり、フランチャイズ化の効果が出ています。

1株利益、配当

EPS、DPSともに安定して推移しています。特に2015年からのEPSの伸びは顕著です。配当性向も60%前後です。

投資パフォーマンス

2010年12月末から毎年12月末に1,000ドル投資した場合のパフォーマンス。配当金はすべて再投資しています。ただし配当金の税金,購入手数料は考慮していません。(データはyahoo financeより)

累計投資金額 1,000ドル×10回 =100,000ドル

評価金額 197.61ドル×99株 =19,563.39ドル

投資金額に対して10年間で約2.0倍になりました

投資指標

株価情報 (SBI証券より)

  • 2020年7月10日 株価 184.88
  • 52週高値 221.93
  • 52週安値 124.23
  • 予想PER 32.163671
  • 予想配当利回り 2.7125%
  • 予想ROE -35.551%

直近決算状況 (2020年Q1)2020年4月30日発表 

売上高 (予想はGoogle finance より)

予想46.59億USD実績47.14億USD差異1.2%

1株利益  (予想はGoogle finance より)

予想 1.54USD 実績1.47USD差異-4.84%

前年比売上高は6.2%減、純利益16.7%減です。特に、新型コロナウイルスの影響により、3月の世界既存店売上高は22.2%減少しました。4月30日現在75%の店舗が営業中です。又新型コロナウイルスの影響により2020年ガイダンスを撤回し、予測できないとしています。

10年チャート、1年チャート

2016までは停滞してましたが、フランチャイズ化を加速したのと同時期に株価も急騰しました。但し直近、移動平均線がデットクロスしており気がかりです。

 この1年、コロナショックで一時下落しました。外食産業なので戻りは鈍く180ドルから200ドルの間で停滞しています。25週移動平均線も下向きで上値はしばらく重そうです。

統括

直営店舗からフランチャイズ店舗に切り替えを進めていて、ロイヤリティー収入がメインに切り替わっています。これにより、人件費等の大きな経費を抱えずに済み、売上高は減少していますが年々収益を伸ばしています。

2017年よりデジタルへの投資も進めており、日本でも今年からモバイルオーダーが開始されました。私も体験しましたが、スマホで決済まで完了するので店舗では商品を受け取るだけです。じっくりスマホでメニューを選べて、店舗では待ち時間も無しで快適です。

やっぱりマクドナルドは月に2~3回は食べたくなります。美味しいですがポテトを辞退すれば結構ヘルシーだし。今日もグランベーコンチーズを食べました。当たり前ですが、何時、どの店舗でも同じ味が食べられるのは素晴らしい事です。

予想配当利回りも2.7%前後、予想PERも32前後と指標的にはやや割高です。新型コロナウイルスの影響はありますが、強力なブランド力、繰り返し食べたくなる習慣性があります。

ブランド力とフランチャイズ化による収益の安定化により、今後も買い進めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

投資を始めて12年経過した兼業投資家。 主な手法は ● トラリピを利用した「くるくるワイド」 ● 毎週積立をしてS&P500連動ETFを購入 他にFXスキャルピングやポイント投資も。 投機ではない「コツコツ投資」を紹介。 才能がなくても「あきらめず、日々継続」がモットーです。