LINE証券でポイント使った少額投資

まずは少額から株式買ってみないんだけど良いサービスないかな?

最近LINEpayを愛用しいていてポイントが沢山貯まっているんだけど何かいい使い方ないかな?

株とかFXとか投資をチャレンジしたいけど証券口座作るの大変そう。

この記事を読んでもらい方

株やFXやってみたいけど、口座開設面倒で始められない方。

少額で株式投資を楽しみたい方。

現在ポイント還元率3%の「VisaLinePayカード」でたくさんLINEポイントを貯めたけど、どう使っていいか悩んでいる方。

LINE証券とは

 LINE証券は、みんなが使用しているLINEのアプリから気軽に投資を始められるサービスです。 少額からの投資が可能なほか、LINEポイントなども利用しながら、投資初心者でも貯金をする感覚で投資を始めることができます。

  • LINE Financial株式会社:51%
  • 野村ホールディングス株式会社:49%

の2社が2018年6月に設立した証券会社です。資本金200憶円。

大手老舗証券会社と若者に人気の通信会社がタックを組んで設立された会社です。

LINE証券の特徴

1株数百円から取引可能で、平日は21:00まで取引可能

通常の株式取引は平日9:00から15:00までです。さらに11:30から12:30は昼休み。この時間帯だと平日働いている社会人はリアルタイムで取引しずらいですね。しかしLINE証券の相対取引ならば21:00まで取引可能です。

さらに1株から買える銘柄が315銘柄あります。通常は100株からの銘柄でも1株から購入できるので投資資金が少額で済みます。

例えば個人投資家に人気のソフトバンクグループ (9984)8月12日 6100円です。

通常は6100円×100株で約61万必要ですが、LINE証券ならば6100円で投資できます。

いつものLINEアプリが使えてLINE Pay,LINEポイントに対応

多くの人が愛用しているメッセージアプリLINEのアプリ内で取引できます。画面もシンプルで見やすいです。

LINE証券より

LINE Payより入金ができるので、LINE Payに慣れている方ならば入出金が簡単にできます。(ただし入金にはポイントがつきません。)

LINEポイントも入金に使えるので貯まったポイントが無駄なく使えます。

そしてスマホがあれば取引できるので、場所を問わず取引できます。

手数料が割安

現物取引の買い付け手数料が無料です。バイアンドホールドの長期投信スタイルにもマッチしています。売却時には金額により手数料がかかります。10万円で176円。50万円で484円等、段階的に加算されます。

相対取引では、LINE証券の提示価格にスプレッドと言われるコストが上乗せされます。

スプレッド:日中は0.05% 夜間は0.5%です。

例えば1,000円の株を10株買う場合(総額1万円)は日中は5円夜間は50円のコストになります。

FX取引、信用取引が利用可能

少ない資産で大きな取引ができるFXや信用取引も利用可能です。

信用取引は手数料無料です。取引に慣れて、資金管理ができるようになってくれば、

信用取引で有利に取引できます。

FXのスプレッドも狭く、スマホでトレードが簡単にできます。

現在、FXの口座開設と1取引で5,000円もらえるキャンペーンを実施中です。

ドル円のスプレッド2銭程度なので上手くいけば20円の負担で5,000円が獲得できるキャンペーン実施中です。

口座開設はこちらから

LINE証券 FX口座開設

株のタイムセールなどキャンペーンがある

不定期なキャンペーンですが対象銘柄が5株まで割引価格で買える株のタイムセールがあります。割引価格で買えれば、大きな確率で利益が最初から乗るのでお得ですね。

NISA口座が利用できない

通常、株式を売却して利益を得た時は約20%の税金が掛かりますがNISAにすると税金が免除されます。しかし、LINE証券はこの制度が使えないので、売却益や配当に税金が加算されます。特定口座(源泉徴収あり)を選択しておけば、LINE証券が計算して納税まで実施してくれるので確定申告は不要です。

外国株の取り扱いが無い

最近人気の米国株などの外国株の取り扱いはありません。

但し、投資信託で投資する事は可能です。(eMAXIS Slim 米国株式)など

口座開設がスマホのみでできる

本人確認書類として、運転免許証とマイナンバー通知カードもしくはマイナンバー個人番号カードを用意すればスマホのみで口座開設が可能です。

まとめ

口座開設はスマホのLINEアプリで、指示通り操作すれば終わります。面倒な書類を作成する事が無いので簡単でした。

日本の個別株は抵抗があり投資を控えていました。でもLINE証券を使えば少額で取引できるので貯まったLINEポイントも使いながら日本株の少額投資にも挑戦したいです。

口座開設はこちらから

LINE証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です