ユーロドルの特徴と今後の見通し

FXでユーロドルで取引したいけどどんな特徴があるのかな?

「ユーロ」とはどんな通貨なんだろう

この記事でわかる事

ユーロドルは世界一の取引量を誇る通貨です。

ユーロドルの特徴と今後の見通しを紹介します。

ユーロの歴史 背景

2002年誕生したEU加盟国を中心に25カ国で使用されています。取引量は米ドルに次いで世界2位です。よってユーロドルの取引量は世界一です。

共通通貨ユーロが出来た事により、ユーロ圏内での商取引で両替の手数料や時間を節約できることに加えて、為替変動リスクも避けられます。

その反面、財政基盤の強い国と弱い国が混在する為、ECBによる、金融政策のかじ取りが難しくなっています。

スワップポイント

2020年8月現在、ユーロの政策金利は-0.5%、アメリカは0~0.25%です。よって売から入る(ショート)する事によりスワップポイントが貰えます。

SBIFXを例にすると 1万通貨当たり、

  • 2020年8月 22円
  • 2019年8月 86円
  • 2018年8月 85円
  • 2017年8月 60円

最近はアメリカ金利が低下した事もありスワップも低下してますが比較的高金利です。

ユーロドル特徴

主にリスクオンの状況にて上昇する(ユーロが買われる)傾向があります。

例えば

  • 地政学リスク(軍事緊張など)の後退
  • 良好な経済指標(ユーロ圏PMI購買担当者景気指数、CPI消費者物価指数)
  • ユーロ圏市場金利の上昇

上記のような状況で上昇する傾向があります。

ユーロドルチャート

まずは月足での長期チャートです。

2017年1月から2018年1月までは約1年間の上昇トレンド。

そして2018年2月から2020年4月まで下落トレンド。

このようにトレンドが長期化する傾向があります。

今は5月からの上昇トレンドの最中です。前回高値の1.25がターゲットになりそうです。

週足です。緩やかな下落トレンドを描いていましたが、2020年5月より急ピッチで上昇しています。アメリカの金融政策が緩和的になったので相対的にユーロが買われています。

年間高値安値

マネースクエアが提供するBidレートを使用しています。(2020年は8月15日まで)

西暦(年)高値安値変動幅変動率
20081.60371.23310.370623.11%
20091.51451.24560.268917.76%
20101.45761.18710.270518.56%
20111.49381.28540.208413.95%
20121.34831.20400.144310.70%
20131.38891.27410.11488.27%
20141.39921.20960.189613.55%
20151.21051.04570.164813.61%
20161.16151.03500.126510.89%
20171.20911.03380.175314.50%
20181.25531.12150.133810.66%
20191.15671.08740.06935.99%
20201.19061.06260.128010.75%

2018年、2019年と緩やかな下落トレンドが進んでいて、高値、安値も狭くショートしていれば儲かる通貨でした。しかし、2020年に入りトレンドが変わり、変動率も大きくなっております。

総推移

年別の総推移をまとめました。

日足の高値と安値の差を年別に合計しています。

マネースクエアが提供するBidレートを使用しています。(2020年は8月15日まで)

総推移
2008年4.7343
2009年4.4158
2010年3.9510
2011年4.0671
2012年2.7240
2013年2.4676
2014年1.9157
2015年3.1916
2016年2.3516
2017年1.9426
2018年2.1519
2019年1.3996
2020年1.3637

年々低下しているのがわかります。2019年は10年前の半分以下に減少しています。

トラリピ等の自動売買は動き(ボラティリティ)が大きいほうが稼ぎやすいので近年の値動きは稼ぎずらい状況でした。

しかし今年2020年は、コロナの影響もあり動きが出ています。又アメリカ大統領選挙の年でもあり、大きな値動きが期待できそうです。

このように為替は長期ではレンジ相場で動きます。時間を味方につけるトラリピはこちらからどうぞ。

マネースクエア

まとめ

世界首位の取引量を誇りトレンドが長く形成される傾向があります。よって、初心者にも扱いやすい通貨です。

取引量が多い為、多くのFX会社でスプレッドは狭めで、コストも少なく取引できます。

但し利益、損失ともドル建てなので注意です。

たとえば、1万通貨で1.18で購入して1.19で売却した場合の利益は100ドルです。

すなわちドル円レート1ドル106円ならば10,600の利益です。

LINE証券FXならば口座開設から取引まですべてスマホで完結します。まずはこちらの口座で試してみてはいかがでしょうか。

LINE証券 FX口座開設

豊富な取引ツールのDMMFXもおすすめです。今なら取引を重ねるとキャッシュバック中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です