仮想通貨(暗号資産)FX 手動トラリピ

仮想通貨も為替のように良くレンジで上下するけど、トラリピのような自動売買はできないかな?

この記事では

ビットコインを使った手動トラリピを紹介します。

流行の仮想通貨を、どのように取引していいか悩んでる方に手動トラリピを紹介します。

仮想通貨(暗号資産)とは

代表的な暗号資産には、ビットコインやイーサリウムなどがあります。

暗号資産は、銀行等の第三者を介することなく、財産的価値をやり取りすることが可能な仕組みとして、高い注目を集めました。暗号資産は、国家やその中央銀行によって発行された、法定通貨ではありません。また、裏付け資産を持っていないことなどから、利用者の需給関係などのさまざまな要因によって、暗号資産の価格が大きく変動する傾向にある点には注意が必要です

日本銀行ホームページより

日銀のホームページによると、仮想通貨(暗号資産)とは、あくまで国家に承認された通貨では無いので、価値は保障されていない通貨です。

だから非常にボラティリティが大きい傾向があります。

総推移が稼げるのでトラリピ向きですね。

そもそもトラリピとは

トラリピとは長期で資産を増やす事を目的とした資産運用型のFXです。

マネースクエア社のサービスで、設定したレンジ内にて「IFD注文」を繰り返して自動発注してくれます。

しかし、仮想通貨では自動発注サービスが無いので手動で運用します。

詳細は

「投資のメソッド」奥山泰全著 PHP出版

上記書籍を参考にしてビットコイン 円にて運用してます。

書籍では「金」を使ったCFDですが、より値動きが期待できるビットコインで実施してます。(金の価格が高騰しておりCFDはある程度元手が必要です。)

主な手法は、 2万円づつ買い下がり、2万円上昇にて決済 単位は0.02ビットコイン です。

1回転で400円の利益です。それを積み上げていきます。

1,100,000円から買い下がるので0円までさがって‐556,000円の損失です。

手数料もFXなので0.04パーセント/日かかるので、資金管理には必要です。

おすすめ仮想通貨会社

GMOコイン

レバレッジ手数料0.04% その他各種手数料無料

シンプルな取引ツール

bitFlyer

レバレッジ手数料0.04% その他各種手数料無料

簡単操作で取引できます

TAOTAO

レバレッジ手数料0~0.041% その他各種手数料無料

レバレッジ手数料が週により変動します。

上記のような大手の取引所を選択すれば安心ですね。

まとめ

2020年9月現在、夏場は120万円台と高いところにいて手が出しずらかったのですが、

やっと100万円近辺に下がってきました。

資金管理と毎日コツコツと注文を入れるメンタルが一番大切です。

2020年コロナショックの急落で耐えきれずロスカットしました。次回チャレンジは落ち着いてトレードしていきます。