LINEでできる!!積立投資の始め方

年金2000万円問題でも話題になったけど、積立は大切だよね。

いったいどうやって始めればいいのだろう?

パソコンいるの?家にパソコン無いけど。

この記事では

積立投資の始め方を解説します。

銀行に行かなくても、パソコンが無くても大丈夫ですよ。

積立投資と銀行預金 将来のお金はどうなる?

多くの日本人は投資を始めたくても、

  • 毎月少額しか出せないからどうせ無駄。
  • 投資を勉強するのが面倒。
  • そもそも投資は競馬と同じギャンブルでしょ。

このような理由で毎月銀行貯蓄に励んでいる人が多いと思います。

銀行預金に積立している一部でも投資に振り替えると下記のような素晴らしい結果が待っています。

下記、LINE証券のシュミレーションで確認できます。

40年間1万円を積立すると何と480万円の元本が2625万円になります。景気が落ち着いて5%での運用でも、1526万円です。もちろん投資金額を増額できれば、40年後のリターンも大きくなります。

老後まで20年だよ。という人でも安心ください。7%で運用できれば投資元本は倍以上になります

年間7%の積み上げで倍になるのは不思議ですね。

それは複利の力が働くからです。

人類最大の発明、複利

アインシュタインの言葉です。

金利には単利と複利があります。

単利で100万円を5%で運用すると、毎年5万円×20年で合計100万円の利息をもらえます。

複利だと最初の5万円を元本の100万円に加算します。よって、2年目は105万円の5%がもらえます。それを20年繰り返すと金利の合計は165万円になります。

毎年増えたお金をおろさずに置いておくと複利の力でお金は増えていきます。

どのくらい増えるのか目安になるのが「72の法則」です。

72を利息で割ると2倍になるまでかかる大まかな年数がわかります。

例えば 7%ならば 72÷7で10年ちょっと、5%ならば14.4年で2倍になります。

どのように積立投資を開始するか

積立投資のコツは仕組みを作って後は忘れるだけです。

一説によると、運用成績が良いのは無くなった人の口座だそうです。

だから仕組みを作ったらあれこれ触らず放置するのがコツです。

証券口座を作るにはネット証券がおすすめです。

決して銀行窓口に相談してはいけません。

銀行の収益源は手数料です。よって、手数料の高い商品を売りつけられますよ。

ネット証券の中でもスマホで開設できるLINE証券がおすすめです。

LINE証券で口座開設

こちらのリンクを押して画面通りに進めるだけで慣れたLINEで口座が開設できます。

運転免許証とマイナンバー通知カードもしくはマイナンバー個人番号カードご用意すればパソコンは不要です

LINE証券

又、こちらの記事でもLINE証券については記載しています。

具体的な投資の方法

口座開設が終了したら積立方法の解説をします。

LINEのアプリからLINE証券を起動します。

投資信託をタップします。

どんな投資信託にするか選択する画面になります。

長期投資の投資信託で大切なのは運用対象とコストです。

よって低コストを選択しましょう。

投資対象を選びます。例えばこちらの投資信託。

アメリカの代表的な指数、S&P500に投資します。

これで、アップル、マイクロソフト、グーグル、、マクドナルド、コカコーラ

などのアメリカの代表的な企業に投資できます。

毎月の投資金額を設定します。1000円から設定きます。

最後に引き落とし設定を確認します。

あとはLINE Payから毎月自動的に引き落としがかかります。

投資対象

投資対象は上記のようなアメリカ株式がおすすめです。

何故なら

1 米国経済が力強い成長を続けている。人口も増加しています。

2 世界企業(グローバル企業)が多いため世界各国に分散投資している効果を得られる。

3 インデックス型を選ぶことにより低コストで投資ができる。

以上の理由によりeMAXIS Slimで米国株式(S&P500)をお勧めします。

投資資金の確保

それでもなかなか投資資金を確保できない人も多いと思います。

そこで、日々の買い物をキャッシュレスに集約するのもコツだと思います。

例えば、LINE Pay Visaカードで買い物すると3%のポイントがもらえます。

すべての買い物を集約して仮に毎月10万円の買い物をすると、3000ポイントもらえます

投資の補助になりますね。

その他格安スマホにかえる こちらの記事

保険の見直しなどでお金を捻出しましょう

まとめ

この記事をよんで積立投資が簡単な事を少しでも感じて頂ければ幸いです。

最近ではコロナショックで大きく値を下げました。これからも下げる事は多々あると思いますが、投資していることを忘れて放置するのが一番効率が良いです。

積立投資は仕組みだけ作ってあとは忘れましょう

LINE証券で積立はこちら

LINE証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です