長期投資を本気で考えてみた

この記事では

長期投資ならば簡単にお金が増えるという世間の声も聞きますが、注意すべき点は無いのかまとめてみました。

複利のパワーは偉大だが注意は必要。

複利運用でお金が増える

アインシュタインが「人類最大の発明は複利だ」と言ったように複利の力は偉大です。

金融庁のホームページによると

30年間毎月5万円を5%で運用できれば、

元本 5万円×12カ月×30年=1800万円が、4161.3万円になります。

30年間根気よく続ける事ができれば素晴らしい結果がまってますね。

実際の運用では強いメンタルが必要

長期投資中では大きな下落や上昇も経験します。その都度売買していては複利の効果が得られません。下落しても落ち着いて売買できるような準備とメンタルが必要です。

上記はS&P500連動の「iシェアーズ S&P 500 米国株 ETF」です。

コストも安く米国の株式指標に連動する長期投資には適した上場投資信託(ETF)です。

こちらの商品も2020年3月に発生したコロナショックでは高値から35%下落しました。

人間の心理として焦ってしまい「もう戻らないのではないか?」と考えてしまいます。そこで含み損のプレッシャーに耐えられず、売却したくなりますが、我慢できれば半年後には元の水準に戻っています。

全力買いは控えよう

適度な現金比率を保つ事も大切

毎月積立できる資金をすべて使い全力で投資していると、株価が下落したときに追加で購入できません。

よって毎月適度な現金比率を保ち投資する事も大切です。

上記のコロナショックは、見方を変えればバーゲンセール状態でした。

ここで適度な現金があれば追加でETFを購入できて、大きく資産を増やす事ができました。

最初の仕組み作りが大切(LINE証券で)

長期投資で時々訪れるショック相場に対応するには、

最初に適切な投資ルールを作成する事が大切です。

私は毎週1万円投資資金として積立をしています。

投資資金の現金比率と株式比率を50%ずつにしています。

毎週の積立で現金が貯まるか、相場が悪化して株価が下がれば現金比率が上昇します。

現金比率が60%まで上昇した場合、現金比率が上昇した分、株式を購入して元の比率(50:50)に戻します。

この方法のメリットは

1 株価上昇時には現金比率が低下するので、高値で購入する事を防げる

2 株価下落時には現金比率が上昇するので安い価格で購入する事ができる。

注意点としては、現金比率が高いので株価上昇時には資産上昇が控えめ

逆に株価暴落時にも現金比率が高いので資産減少も少なくてすみます

だから現在は株式の購入頻度は年2回から3回です。

なかなか株が買えなくて退屈ですがそれを我慢もしなくてはいけません。

使っている証券会社はSBI証券とLINE証券です。

特におすすめなのがスマホで投資ができるLINE証券です。

詳しくはこちらのLINEでできる積立投資の始め方で説明しています。

お得なLINE証券はこちらから

LINE証券

入金力をあげよう

当然ですが、毎月2万円投資するよりも毎月10万円投資する方が資産は早く大きくなります

その為には本業を頑張るのはもちろん、副業もチャレンジしてみてもいいですね。

私はFXのトラリピを利用した「くるくるワイド」で収入を増やしています。

私ももっと入金できるように頑張ります。

無駄な出費を見直そう

仮に週末にしか車を乗らないのならば手放そう

車の維持費は立地にもよりますが毎月、4万円から5万円にもなります。

住んでいる地域にもよりますが、週末にしか使わないようならば手放すのも検討してみてはどうでしょうか。

買い物もオンラインショッピングで買い物ができます。

そして、カーシェアを利用すれば使いたい時だけ車を使う事もできます。

保険外交員に勧められたままの保険を見直そう

入社した時に付き合いで保険に加入した人もいると思います。

又住宅ローンを組んだ時に合わせて生命保険も加入したのに見直してない方。

本当に必要な保険か見直ししてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらの保険の記事で詳しく記載しています。

携帯電話料金を見直そう

大手キャリアを使用しているならば格安Simも検討しましょう

一度設定してしまえば通話もできるし通信速度も問題ありません。

格安SIMの普及率は約20%です。

家族で変更すれば節約効果も大きいですよ。

詳しくはこちらのBiglobeモバイルの記事に詳しく書いています。

会社の福利厚生を利用しよう

自分の加入している健保や会社の福利厚生に何があるか確認してみましょう。

保養所があれば旅行の宿泊代金が節約できます。

又スポーツジムと提携している場合もあるので、スポーツジムに月額利用料金を支払いしている人は都度利用払いとどちらが安いかチェックしてみましょう。

その他、人間ドックや予防接種の補助もある場合があるので賢く利用しましょう。

節約は無理のない範囲で

とことこん節約すると家族の負担も大きくなります。

無駄な物にお金を使わない。必要な物はお金を使う。

メリハリのある消費を心掛けたいですね。

最後は精神力

投資を継続して行くと、株価が下がると嬉しい心境になります。

何故なら株価が下がると安く買えるから。

将来的には株価は戻ると信じているからです。

逆行して含み損が膨らむ時期も我慢して保有できるか。

長期投資だからと安易な気持ちで投資を始めるのではなくて、

自分の計画をしっかり持ち、計画を実行する精神力は大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

投資を始めて12年経過した兼業投資家。 主な手法は ● トラリピを利用した「くるくるワイド」 ● 毎週積立をしてS&P500連動ETFを購入 他にFXスキャルピングやポイント投資も。 投機ではない「コツコツ投資」を紹介。 才能がなくても「あきらめず、日々継続」がモットーです。