南アフリカランド投資検討

スワップポイント狙いの投資でどの通貨がよいかなぁ。

世界中で緩和競争しているからスワップ投資は厳しいかなぁ。

この記事では

高金利通貨で有名な南アフリカランドへの投資を検討

ローリスクで投資する方法を紹介

FXスワップ投資とは

FXでは金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うと、金利の差額のお金を受け取ることができます。それがスワップポイントと呼ばれ原則毎日もらえます。ただし、政策金利の変更などにより、増えたり減ったりするので注意が必要です。

上記は私が利用しているSBI証券でのスワップ金利ランキングです。1取引のレートが異なるので一概には言えませんが、南アフリカランド、韓国ウオン、メキシコペソ、トルコリラ等が高金利です。

その中でも南アフリカランドを検討したいと思います。

南アフリカランドとは

アフリカ最大の経済大国で、アフリカ大陸の中で唯一のG20参加国です。そして、資源大国として知られており、金やダイヤモンド、プラチナといった鉱物資源が豊富です。資源国通貨になる為商品価格の影響も受けます。

また、常に経常赤字を抱える新興国のため、ショック相場の時の通貨の暴落には注意が必要です。

2013年からの月足チャートです。

緩やかな下落トレンドですが、コロナショックからは順調に回復しています。

スワップポイントは10万通貨で90円です。(年間約3万3千円)

2021年1月現在での投資戦略

長期トレンドは下落トレンドなので、下がったところを買っていかないと含み損が増えてしまいます。

計画的に小ロットで買い下がろうと思います。通貨ペアはミニを使います。

現レート6.8が6.9になると1000円の利益です。(スワップポイント除く)

コロナショック前高値の7.5円からコロナショック安値の5.5までの範囲で買い進める計画です。

6.5以上は0.2刻み、6~6.5は0.1刻み、5円台は0.05刻みでトラップを仕掛けます。

これにより低いレートではロットを増やす戦略です。

まとめ

上記戦略に基づき焦らずに買い進める予定です。

スワップ投資の場合、不利なレートでポジションを大量に作ってしまう事が敗因になるのでそこには気を付けたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です