【写真で解説】IIJmio(みおふぉん)にてMNPでお得にスマホを購入

困る人

今まで使っていたスマホが古くなってきたな。

新しいスマホをお得に欲しいな。

便利で生活に欠かせないスマホ。

古くなってくると、容量が足りなくなったり、電池がすぐに切れるようになります。

2年から3年使うと買い替えたくなる人も多いと思います。

しかし、最新機種でそれなりに使えるスマホを買おうとすると4万円から5万円お金がかかりますね。

でもIIJmio(みおふぉん)ならばお得にスマホを購入できます。

そして月額料金も安いです。

この記事では

お得にスマホを購入したい方。

ネットでスマホを契約するのに抵抗がある方。

格安スマホをはじめたい方。

写真付きで申し込み方法を解説します。

記事通りの手順で購入すれば迷わず購入できます。

IIJmio(みおふぉん)にてスマホを購入手順

まずはMNP番号を発行しましょう。

スマホをお得に買うコツは他社からの乗り換えです。

従来と同じ電話番号が利用できます。

まずは移転するためのMNP番号を現在契約している通信会社から発行してもらいます。

昔と違い今はオンラインで簡単に発行できます。

MNP番号と有効期限を記録(メモ)しておきましょう。

NTTドコモ

KDDI (オンライン非対応 電話か店頭で)

ソフトバンク

楽天モバイル

契約内容によっては違約金が請求される可能性があります。

(昔と違い少なくなりましたが)

念の為費用は確認して下さい。

私は、楽天モバイルから転入しましたが、手数料も無料ですぐに番号も発行できました。

IIJmio(みおふぉん)にてスマホを選ぶ。

IIJmioよりスマホを選びましょう。

おすすめは「メモリRAM:6GB / ROM:128GB」以上、がおすすめです。

IIJmioより

IIJの端末紹介ページにはスペック欄があります。

メモリ欄を確認すると安いスマホだと、RAM:4GBなども販売しています。

2〜3年長く快適に利用するならばここは確認して6GB以上を購入しましょう。

メモリがたくさんあると、快適にスマホを扱えます。

あとはデザインやサイズ、おさいふケータイの有無で選びましょう。

今回購入したスマホはAQUOS sense6です。

IIJmioより

「MNP限定特価」で19,800円で購入できます。

注意点としては、1人1台限りです。また、過去1年間「MNP限定特価」で購入した人は利用できません。

IIJmioより

ここで色を選択して、端末保証オプションの有無、お支払い方法、端末購入内容を選択します。

色はお好みで選択して下さい。

端末保証オプションは、新規購入のこのタイミングでし申し込めません。

スマホを長く使いたい人は申し込むのも良いですが、私は申し込みませんでした。

画面割れや水没などの故障時もすぐに代替機を受け取れるサービスです。

詳しくはこちらの公式ページで


IIJmioより

続いて支払内容の確認です。

支払金額と、月々の支払金額の概算です。

キャンペーンでかなり金額が変更になるので参考までに確認すれば良いでしょう。

IIJmioより

必要な書類等を準備します。

  • クレジットカード
    本人名義が必要です。(家族の名義でも不可)
  • 本人確認書類
    (運転免許証、マイナンバーカード)
  • MNP予約番号
  • メールアドレス
    (Gmailやヤフーメールでも可能です。)

上記を用意しましょう。

未成年は契約できません。親の名義で契約して使わせましょう。

ただし、成人しても名義変更ができないので注意が必要です。

IIJmioより

続いて契約の種類を選択します。

今回はMNPで端末とSIMをセットで購入します。

音声通話+SMS+データ通信を選択します。

IIJmioより

料金プランを選択します。

どれも魅力的な価格なのでご自分の月度の使用量に合わせて選択しましょう。

今回は2GBを選択しました。

公衆wifiが有料オプションで選択できます。

外出先で使用することが多い人は選んでも良いと思います。

私は頼みませんでした。

IIJmioより

docomo回線かau回線かを選択します。

ご自分の環境にもよりますが、docomo回線を選んでおけば間違いないと思います。

通話定額オプションを選択します。

アプリを使って通話すると5分、10分、無制限で国内通話が無料になります。

通話が必要な方は選択して下さい。

現在キャンペーンでそれぞれ410円引きで契約できます。

IIJmioより

利用者を選択します。子供に使わせたい場合はこちらで選択してください。

IIJmioより

次にオプションをすすめられます。

IIJmioより

最後に契約内容を確認します。

IIJmioより

各種説明事項を確認します。

IIJmioより

ここからは申込者の個人情報を記入します。

IIJmioより

住所に続き、MNP番号等を入力します。

IIJmioより

個人情報の確認画面です。(電話番号の名義人とMNP予約番号を特に確認)

IIJmioより

mioIDを作成します。準備しておいたメールアドレスを入力して送信ボタンを押します。

IIJmioより

メールで受信した認証コードを入力

そしてパスワードを設定します。

お知らせメールは受信するにしてます。読んでいて邪魔ならば後で解除できます。

IIJmioより

クレジットカード情報を入力します。

本人名義のカードが必要なので注意して下さい。

IIJmioより

画像サイズは5MB以下なのでサイズを小さくしてスマホで運転免許証を撮影します。

撮影したファイルを選択してアップロードして下さい。

IIJmioより

住所を変更している場合は裏面も必要になります。

記載の住所が異なる場合は現住所と異なるを選択して下さい。

IIJmioより

キャンペーン適用後の価格が確認できます。

初期費用は通常3,000円ですがキャンペーンで2,000円

スマホ端末代金が24分割で通常1回1,510円がキャンペーンで752円

月額使用料2GBプランが773円

通話定額オプションが通常455円が82円

合計税抜き3,607円 消費税込み3,967円

IIJmioより

次月の請求額の内訳です。

SIMカード発行手数料 394円

スマホ端末代金が24分割で通常1回1,510円がキャンペーンで752円

月額使用料2GBプランが773円

通話定額オプションが通常455円が82円

合計税抜き2,001円 消費税込み2,201円

その翌月からは「SIMカード発行手数料 394円」が無くなるので、税込み1,767円の予定です。

最終的な注意事項が画面に記載されているので確認してチェックを入れます。

これで申し込み完了です。

「お連れ様でした。」

IIJmioのメリット・デメリット

メリット・デメリットをまとめます。

  • MNPで購入すると端末価格が大幅値引きになる。
  • 2GB月額850円〜使えるので維持費も安い。
  • 余ったデータも繰越可能。
  • クレジットカードが必須。
  • 未成年名義で契約できない。
  • 平日12:00代と18:00代は通信速度が低下する。

上記が主なメリットとデメリットです。

上記を踏まえて契約しましょう。

まとめ

オンラインで格安simに申し込むのがハードルが高いと感じている人も多いと思います。

しかし、必要な物を準備をして、手順とおりに申し込めばスマホが家に届きます。

月度の利用量が少ない方が中心にそのままキャリアで契約している人も多いようです。

是非IIJmioに切り替えて、月額の料金をお得にしませんか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
kazu(カズ)
人生経験で培った、「無駄なくシンプルに、お得に生活する方法」 を発信しています。 暮らしに有益な「モノ」「生活スタイル」「投資」を紹介。 40代家族3人暮らし+犬1匹 経理、労務、総務を20年以上経験 投資も開始から15年以上 よろしくおねがいします。